安く効果の高い海外医薬品を個人輸入するメリットはあります。

ED治療薬カマグラで今すぐ勃起力回復!

海外医薬品の個人輸入

ダンボールに入った猫

近年、インターネットを利用して、外国の医薬品を個人的に輸入することは、別段でも珍しいことではありません。インターネットは世界中に繋がっていますから、クリックひとつで注文できてしまいます。

おまけに、個人輸入であれば、医療機関の受診も処方箋も必要なく、自分の欲しい医薬品を購入できるというメリットもあります。中には、日本で処方される薬より有効成分が多く含まれている強力な薬も売られていますが、一度に買える個数に制限はあるものの、それさえ守れば問題なく入手可能です。しかも、ジェネリック医薬品なども豊富ですから、安く購入できるでしょう。

ただし、個人が直接、海外のお店に注文するとなると、購入先の母国語に対してある程度の語学力が必要です。もしもトラブルに巻き込まれた場合は自分で対応しなければいけません。そこで、日本語で注文できる個人輸入代行業者を利用するわけです。この業者を間に挟めば、通常の通販を行なう気軽さで、海外の医薬品も購入することができます。

しかし、個人輸入代行業者を利用する前に、注意しなければならないことがいくつかあります。

頭をかかえる男性

まず、医薬品の個人輸入は、違法ではないものの、輸入したものが本物か偽物かは正直、見た目だと判断しづらいと思います。
ある程度自分で信用のおける正規品のみを扱う大手の代行サイトに注文しましょう。安さに釣られて小規模なサイトで購入すると、商品が送られてこない、違う商品だったなどという配送トラブルや、最悪の場合、偽物を掴まされることもあり得ます。

最後に、前述でも触れましたが、一度に多量の医薬品を個人輸入することはできません。2か月分以内に留める必要があります。購入金額の合計が16,000円を超えると関税がかかる場合もあるので、少量ずつ購入するのが賢いやり方でしょう。さらには共同で購入したり、誰かに分けてあげたり、余った分を売ったりすることは違法です。

安全に購入するためにはいくつか注意を払えば、正規品を扱う代行サイトを見つけることが出来ますので、個人輸入に対して過剰に身構える必要はありません。

Copyright © 2016 ED治療薬はカマグラ!世界一のバイアグラジェネリック