勃起がうまくできなくなった要因はいくつかに分かれます。

ED治療薬カマグラで今すぐ勃起力回復!

EDの要因

クリップボード

EDの要因として大まかには心因性、器質性、混合型、薬剤性の4タイプに分類することができます。

心因性の場合は精神的なプレッシャーや不安、精神病などの要因によって引き起こされます。現実的なED要素として昔のトラウマや過去の失敗、喧嘩、経済問題等で、深層的な要素であれば、不安や欲求不満など決して表には出にくいものです。このように原因として挙げられるものが多すぎるあまり、明確には特定しづらいこともあります。

比較的若い方のEDは心因性によるものの傾向があります。過労や寝不足など身体の不調でも心因性に分類され、男性の「気が乗らない」というのは心因性ではないでしょうか。深層的な要素によるEDは原因が分かりづらく、治療を始めるまでに時間がかかることも。

頭を押さえる男性

器質性の場合は身体の都合から引き起こされ、主に中年の男性が勃起について問題を抱えている場合はこのタイプがメインだと思います。老いや生活習慣病によって身体の機能が衰え始め、興奮が神経にうまく伝わらず勃起までに時間が掛かったり、日によっては完全に起たないというのもあります。もしくは神経に何らかの障害(脳出血やパーキンソン病)がある場合も前述と同じく、伝達機能に問題が出る可能性は大きいです。

混合型の場合は心因性とも器質性とも分類できない複合的な要因によるEDの場合に使われます。例えば、生活習慣病を患う男性が老後に対して不安を抱いている場合、EDになると病気による器質性が大部分を占めますが、実際は混合型と呼ぶ方が正しいと思います。

最後に薬剤性のEDです。このタイプのEDは本来上記のいずれにも当てはまらず、他の病気の治療をする際に服用している薬の影響で男性器に対しての血液の運搬が不十分であるということになります。有名な薬で言えば、精神薬、抗うつ剤、抗けいれん薬、血管拡張剤などがあります。薬の影響により不本意なEDとなりますが、服用を止めれば治るので病気さえ寛解すれば、問題はありませんね。

Copyright © 2016 ED治療薬はカマグラ!世界一のバイアグラジェネリック